姉が貰ってきた花束が教えてくれたこと

“ライブ活動をする姉が、ライブで花束を貰ってきました。かなりの量で、とりあえず梅干を作るための大きな瓶に生けたのですが、透明な瓶だからまだバケツよりはマシですが、まじまじ見ると風情がないです。対して花はピンク色のバラ、紅白のユリ、マーガレットでなかなか華やかなものでした。ユリはまだつぼみのものもあり、「これは一週間は楽しめるぞ」とつぼみが花開くのを楽しみにしていました。
まずは、小さな花瓶が二つあったので、花を何本か瓶から抜き取って生けることにしました。どの花を、どんな風に生けようか。それを考えている間だけ、時間が早く進みました。花瓶に飾るとやはりきれいで、外観は大事だなと実感。残念ながら梅干瓶に残った花たちには悪いけど、花は花瓶で生けた方が見栄えがいいです。
ネットで水揚げの方法を調べ、少しずつ花開くユリを見ていると、なんだか穏やかになれました。実は先日、出先で持病の発作で倒れてしまい、塞ぎがちだったのですが、そんなくもった気持ちは、花を見ている間だけは忘れられました。
せっかくなので絵に残そうと、久々に筆を取りました。透明水彩で瓶の花を描いていると、先ほど見たときよりもユリの花弁が開いていることに気づき、その成長速度に驚いたものです。
結局、まめに水揚げをしたら花は一週間を超えた今日もまだ生き生きとしています。
これは血筋なのか、祖母も母も昔から植物を育てていました。もちろん私の花の世話は一時的なものですが、塞いでいた気持ちが晴れるのならば、このまま花を育てるのもいいかな、と思いました。
……その後、近所の花屋で花の値段を見て諦めました。花って、案外結構な値段がするんですね。一から育てるとまた値段が張ります。しかし、姉が花束を貰ってこなかったら、このことに気づくのが遅くなったかも、と思うといい勉強になりました。
まずは花束の花を枯れるその時まで、精一杯愛でたいと思います。


好評五社看護師求人